自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2018/02/20

「自分を大切にすること」を考察

ナマステー♪
千葉市中央区ヨガ教室 ギーターヨーガ主宰 やのちさとです^^

「自分を大切にする」ということ。

究極的には「個人」という視点を、より「全体」に広げていく作業なのかなと思っています。

「私は全体である」という視点をリアルにするためにクリシュナ神の言葉、ヴェーダーンタの学び、更にそこに熟考することは不可欠ですね。

そして、

その学びがリアルになるためには、やっぱりカルマヨーガです。

行為を宇宙の法則(神さま)への捧げものとし、

還ってくる結果を
宇宙の法則(神さま)からの授かりもの

としての態度を養うこと。

まずその第一歩として「個人(体、感覚器官、心の集合体)」の私をより健全に保つことからはじめることは、より自然で、且つ重要なことだとも思っています。

この肉体は神の宿る場所ではありますが、肉体は動かすために授かっていますね。

運動することを日々行うこと、

体が痛みを伴う時、自分の体を自分で癒す行為を通して、神さまから授かったこの地球で生きるための貴重な道具を大切にすること、

それにより神様をより身近に感じられるのかなと思います。

生活にこれらの行為が根付いてきたら、自然と感覚器官の制御に心が向きはじめますね。

感覚器官(聴く、触れる、見る、味わう、嗅ぐ)
に引っ張られていくのは人の常なのですが、引っ張られながらも「好き・嫌い」の感情がベースではなく、より客観的に

「それを選ぶことが、私の肉体をより健全に、調和に保つために繋がるのか?」

それを選ぶことが、私の心を情緒的に成長させることなのか?」

といつも問いながら、行為を選択することが大切かなと思います。


そして、個人という視点をより全体に広げていくために心の在り方がと~っても重要です。

神さまの創造物のあらゆる面を、神様の側面として見る見方です。

目の前に現れるその人は、神さまの現れなので、その人の振る舞いや言葉全てをあるがままにしておける「心のゆとり」が必要ですね。

心のゆとりは、ヨーガのアーサナや呼吸を通して作っていくことも可能ではありますが、それより何より、神さまを思うことが大切だと私は認識しています。

スワミダヤーナンダジがギーターの詩の解説の中でこんな風に説明して下さいました。


-----
プラーナーヤーマ、呼吸のコントロールをしている人は、エクササイズをしているのではなく、プラーナをイーシュワラ、つまり、神として、ヤジニャ(祈り)をしているのです。

同じようにヨーガのアーサナは、ヤジニャであると考えられています。
実際、アーサナは、それぞれにデーヴァターを持っています。
インドの音楽も ヤジニャです。
ラーガという決められたメロディ全て、頭や、胴体や足があると考えられています。
あるインドの絵画は、女神の姿で、それぞれのラーガを描いています。
このように、ラーガというメロディでさえも、それぞれ統括している神々があるのです。

------

私が日々大切にしていることは、「
宇宙の法則(神さま)を思うこと」です。

アーサナの練習のクラスで、その心を大々的に打ち出すことはしませんが、

私のベースにはいつもその考えがあるので、それはクラスを通して自然と伝わっていると思っています。

思っていることは、言わなくても伝わってしまいます。

なので、よりエクササイズをしたい方は残念ながら私のクラスを選ばないでしょう。

エクササイズをしたいのであれば、もっと素晴らしい先生が他にたくさんいますからね!



はげしく物質主義者だった以前の自分から見ると(笑)

「自分を大切にすること」と

「神さまを思うこと」

これら2つが何の矛盾もなく、同じことと思えるようになるとは自分でもびっくりですね。


でも、そんな風に思えるにまで成長した心を、更に美しく磨き上げたいと思っています。

私が伝えたいことを、いつも感じとり支えて下さる皆様ありがとう!


皆さんがいるので、私がいられます。

2018/02/19

クリシュナ神の言葉9-13

ナマステー♪

千葉市中央区ヨガ教室 ギーターヨーガ主宰やのちさとです^^

今日はバガヴァッドギーター第9章13番目の詩からクリシュナ神のお言葉を送ります。



-----

श्री भगवानुवाच ।
クリシュナ神は言った

महात्मानःm1/3 तु0 मां 2/1 पार्थ 8/1 दैवीं f2/1 प्रकृतिम् f2/1 आश्रिताः m1/3
भजन्ति/3 अनन्यमनसःm1/3 
ज्ञात्वा0 भूतादिम् m2/1 अव्ययम् m2/1 ॥९-१३॥

気高い心の持ち主は、成熟した質を与えられ、不変、不滅の源である私を知ることに専念し、探求する

------

いわゆる身体を扱うアーサナ(ポーズ)の練習からスタートし、バガヴァッドギーターを学ぶようになってから

私は、
この私を含め、現われた世界の人や法則を全てが「愛」「神」だと思うようになりました。

この考えの方向転換がはじまってから、とてもリラックスできるようになりました。

安心しました。

やるべき行為をして、結果は全て神に委ねてしまえと思えるようになりました。

「自分が結果を出す人」という緊張感がなくなり、落ち着きが出てきました。

少しずつ心が成長し、成熟してきていることもちゃんと感じられるようになりました。

未だ成熟しているとは言い難いところはあるにしても、「そうでありたい」と心から思い、行為に変える努力をするようになりました。

自分のやるべきことがいつも明確です。

選択の判断に悩むことがありません。

反対の選択を選んでしまうことが未だにありますが。

それでも、次があるのですぐ前を向くようになりました。

目の前につい反応してしまう事が起こったとしても、それをそのまんま受け入れて、

受け入れ難いことであれば少し距離を置き、

距離が置けない状況であれば「あるがままにしておけるよう」祈り、

反応し、ジャッジすることが起こったとしてもそこに長居をしないようにして、

心身を癒し、愛する時間を出来る限り作って、

感謝を心と体と言葉で表現します。

いつもいつも私は完全で自由です。

あ、今日はポエムっぽくなっちゃいましたね♪

最後までありがとうございました。


2018/02/16

マハリシ・パタンジャリヨーガスートラより


ナマステー
千葉市中央区ヨガ教室 ギーターヨーガ主宰やのちさとです^^

今日も聖者のお言葉をお届けします。

シュリシュリラヴィシャンカールジ
『マハリシ・パタンジャリヨーガスートラ』より
118





--------------------

あなたが体験する出来事は、あなたの心に『印象』を刻みます。その印象をサンスカーラと言い、深いもの、浅いもの、心地よいもの、不快なものなど多様にあります。
瞑想体験の印象は人生には不要となった他のすべての『印象』を拭いさります。
瞑想に熟練していなくとも、瞑想し始めたその日からあなたの心に残る印象は次第に解放され始めるのです。
瞑想を始めるようになってから「私は本当に別人のように変わりました」と言う人は非常に多くいます。
瞑想を思い出す時、「昔の自分と今の自分は全く同一人物だと思えない。あれをしたのは本当に自分だったのだろうか。だれか別の人がやったことのようだ」などと感じることがあります。
瞑想を続けさらに深く“空洞で空っぽ”になっていくと、あなたはどんどん新しく生まれ変わり、別人になったかのように感じ始めます。これは瞑想中の「純粋なる意識」の体験が、あなたの心に残る過去のいらないサンスカーラを洗い流し、あなたを何度も何度も新しく磨いているからです。瞑想のたび毎回この『掃除』は起こってきます。
もし誰かがあなたの過去にしたことを、いつまでも根に持ち引きずっているとしたら、その人を笑ってください。その時のあなたはもうここにはいません。今のあなたは全く新しい別人なのです。過去の自分の行動は別の誰かがしたことだと思ってください。

-----------------


瞑想はイーシュヴァラを思う行為、祈りです。

だからこそ、ギーターの言葉を先生から教えて頂く時間も瞑想になりますし、

意味を理解しながらチャンティングすることも、

食事を頂くときも、

アーサナやプラーナーヤーマを行う時、


イーシヴァラを思う時間は全て瞑想になり得ます。


でも、ただ一人静かに座るという時間、

あの静寂という体験を繰り返すこと、

「わたしが静寂」という光で満たされた状態をなるべく多く持つことはやはり特別な行為だなと日々感じています。

ある人がスワミダヤーナンダジに

「何でいつもそんなにシャンティーなんですか?どうしたらいつもそういられますか?」と聞きました。

スワミジは

「もしあなたがそう思うのなら、わたしはジャパ瞑想をしているよ」と答えたそうです。


私が去年インドで、サークシャクルタナンダジに

「何を優先してこの智慧を根付かせていったらいいですか?」と質問しました。

スワミジは

「ヴェーダーンタを先生から聞く時間を持ちなさい、そしてジャパ瞑想をしなさい」と教えて下さいました。

「瞑想しなさい」と聖者は口を揃えて言います。

わたしもここ最近切実にそう感じます!

そして、『以前の私と今の自分は同一人物とは思えない』と思う事も多々ありますね!

過去してしまったことに謝りたい気持ちになることがあるので、シュリシュリさんの言葉はそんな私を勇気づけてくれます。


心の中で「ごめんなさい」と謝って前を向きたいです。

わたしの心は日々更新されていますから(^^)

最後までありがとうございます!

2018/02/15

「成功の黄金律」から

ナマステー♪
千葉市中央区ヨガ教室 ギーターヨーガ主宰 やのちさとです^^


今日は聖者のお言葉を送ります。


パラマハンサ・ヨガナンダジの「成功の黄金律」から。

------

内省はあなたの心のすみずみを映す鏡です。
内省なしにその姿に気づくことはないでしょう。
自分の失敗を判断し、自分の善いところと悪いところを査定することに遅すぎることはありません。
今ある姿、自分のなりたい姿、またどんな傾向や欠点があなたを邪魔しているのか分析しなさい。
深く秘められた仕事、つまり人生での使命はなんで在るかを定め、そうすれば自分のあるべき姿、なりたい姿にしてゆくことができます。
その目的に向かって働く中で、意志力と同時に積極性も発揮してください。
積極性とはなんでしょう。それは内側にある創造能力つまり無限なる創造主が発する火花のことです。それは今まで誰も創造したことのないものを創造しうるパワーを与えてくれるのです。それは物事を新しいやり方でするように迫ります。
積極性を持つ人の業績は流星のごとく見事なものです。
大霊の偉大な創造力を利用することにより、不可能に見えたものを可能にします。
-------

私的には、

「積極性とは、内側にある創造能力つまり無限なる創造主が発する火花のことです。それは今まで誰も想像したことのないものを創造しうるパワーを与えてくれるのです。」

ここにぐっときます。

積極性、言い換えれば「能動的に」は、2018年のテーマなので、わたしは更に関わる人の役に立つことを考えて行為にしていきたいなと思っているのですが、、、

未だ色んな枠にとらわれているなと思っている今日この頃です。

でも、だからと言って「枠を越えよう」と思い無理して誰かの真似したり、自分の中で抵抗を感じることを勇気だしてやろうとか思っている訳ではなく

誰かと関わった時にどうしても伝えたいことがあるのであれば、勝手にその「枠」は取り除かれていくのかなと思っています。


関わる人に本気で心を開き、向き合った時、無限なる創造主はスパークするんだろうと。

 結局何事も本気度ですね。



て思ったことだけつらつら書いちゃってまとまりないです(笑)

ヨガナンダジの言葉で私が感じたことでした。

お付き合い下さりありがとうございます。

2018/02/07

ヴェーダーンタの叡智に触れ学ぶプログラム

ナマステー♪
千葉市中央区ヨガ教室 ギーターヨーガ主宰やのちさとです^^








2日間に及ぶ、ヴェーダーンタの叡智に触れ学ぶプログラム「The Value of Values(価値観への価値)」が無事終了致しました~。

今回も皆さま、たくさんのヘルプをありがとうございました。

ミチカ先生の喉の保湿のために重たい加湿器を持ってきて下さった方、

お菓子やフルーツを皆さまに振る舞って下さった方、

クラスが終わってから率先してお掃除して下さった方、

お食事の後片づけをして下さった方、

2日間のお昼は参加者全員がビクシャーして下さいました。

本当に本当にありがとうございました!

今回ミチカ先生はバガヴァッドギーター第13章から「ニャーナ(知識)」と題された価値観を教えて下さいました。

この価値観が、ただのスローガンにならないよう、ミチカ先生は今回とっても大切なことを何度も何度も言葉にされました。

「自分が自分をどう思っているか」

これに関して言うと
私はもう何年も、日常生活において自分と向き合い、自己認識という考察を何度も繰り返し、そして今一番大事にしているテーマでもあります!

この「自分が自分をどう思っているか」がプレッシャーになり、アダルマの後押しをする。。。

日常生活を注意深く見ると、本当にそうなんですよね。

特に、心を許す旦那さんへの八つ当たりをはじめとするアダルマは(笑)、自己認識に問題があるなとしっかり理解しています。

最近はこの自己認識、

まずスタートラインとして
、こういう時、こういう風に感じてしまう心癖がある
ということ
を自分で認識するだけでなく、ニュートラルに周りにも伝えるようにしています。

自己分析ってぶちゃけ面倒ですよね(言っちゃったけど)。。。

面倒というか、見たくない自分の心癖に直面するので、

だから、考えないようにしてヨーガで教える価値観をスローガンのようにして長年続けてきた時期があったのかなとも思います。


そうすれば「変われる」という希望を持っていたんですかね。


が、まずは
この「考える」という行為を大切にします。

全ての行為は、「自分がどう思っているか」という心の反映でしかないから。

人間が他の動植物よりも優れているところは「考える能力を持っている」こと。

この能力を眠らせて、日々考えに楽させて自動的に生きてはいけないですね。

それは「ケチ」(あ、わたしのこと、笑)。

与えられた能力を使わない。

まずは、自分の心癖を含め、ちゃんと自己分析して、今のわたしを自己認識してスタート地点に立ちたいです。

そして、

パートナーシップを大切にする心を育むこと、


与えらている事にいつも感謝できる心を育むこと、


与えらているから
こそ、出来るだけ関わる人に自分が貢献できるようになることを日々祈ること、


そして
日々の生活の中で心が成長する」選択を選ぶこと、

こんなことを日々真剣勝負していきます(結局いつも決意発表です)!


アーサナの練習は私のラジャスやタマスの考えをサットヴァにする大切な準備として続けていきたいし、


プラーナヤーマの練習は、私がイーシュヴァラを思う瞑想のための準備になっているのでこれも日々続けていきたい。

「自分が自分をどう思っているか」が、「本質のわたし」という自己認識になるよう、私の本質をゆっくり、のんびり生涯かけて楽しみながら学び(ヴェーダーンタですね)、府に落としていきたいです!


ミチカ先生は「安心感」をベースに、私の心を鼓舞して下さいました。

本当に感謝しています♡

毎日を大切に生きれるわたしでありますように。

関わる人にいつも感謝できるわたしでありますように。

最後までありがとうございました。

2018/01/31

満月です

ナマステー♪
千葉市中央区ヨガ教室 ギーターヨーガ主宰やのちさとです^^




あっという間の新年からの1か月!

新年も、レギュラーでクラスに参加下さる皆さま

私との距離がぐっと近づいて、新しいことにチャレンジされた方々

多くの方と今月も関わらせて頂き、わたし自身も中身の濃い~1か月でした!

ご自宅でヨーガを深めるというプログラムを毎月行っています。

このプログラムの参加する方々に、毎日メールでヨーガの智慧を配信しているので、個人ブログを書く時間なんて全然ない!(笑)

また、春は満席になってしまった集中コースの内容も毎日せっせと考えたり、創作してるので、パソコンに向かいまくりで、肩凝りまくりの1か月ではありましたが、皆さまのお役に立てるよう行為することで、わたしも幸福感満載です!

また、関わって下る方が私の表面上の仕事だけでなく、その裏での準備に対しての「感謝」をとても丁寧に伝えて下さったりするんですよね(涙)

何かね、そういう一言で頑張れます。
そういう、バックグラウンドに目を向けられる方に、本当に本当にはっとさせられます。

私もそういう人になりたいな~と心底思います。

だからこそ、言葉にする、表現するということをもっともっと行為にしたいと思うのです。

態度はもちろん、私が発する言葉は、出会う人に光を灯す言葉でありたいし
そして、そして笑顔でいつも皆さんと会いたいな~と思います。

毎日は、当たり前ではない!
奇跡の連続ってことをいつも認識して、瞬間、瞬間を大切にしたいです。

今日は満月。
そして月食のようですが、月食中は断食して瞑想するのがいいですよ!
詳しくはミチカ先生のブログで

最後までありがとうございました!

2018/01/19

LAVAさんで

ナマステー♪
千葉市中央区 ヨガ教室ギーターヨーガ主宰 やのちさとです^^

昨日、結構長くお世話になっているヨガスタジオLAVA千葉店で、クラスの後「ミニレクチャー」をお願いしますと言われました。

LAVAさんは今では全国に何百店舗もある、TVでCMまでしている有名なホットヨガスタジオです。

私は千葉に引っ越してきてからも、都合がいい時間でレッスンを!と言って頂けるので、月に数回だけクラスを持たせて頂いています。

LAVAさんのインストラクターがとっても好きですね。
みんな若くてフレッシュで、元気があって、キラキラしています。
そんな中で、私の存在はもしかしたらすごく異色なのかもしれません(笑)

ヨガ講師をはじめた頃の初心をいつも思い出させてくれるので、毎クラスがとっても貴重な経験です。

あ、「ミニレクチャー」のお話でしたね。

お題は何でもいいので、10分間というお題でした。

10分か・・・。

まあ、私に何でもいいからと言うなら、やっぱり「ヨーガって何?」というお題になっちゃいますよね。。。

で、私がヨーガをはじめたばかりの頃のお話、

どんどんヨーガが好きになって、

でも「ヨーガっていったい何なの??」て思ってて、

思い切ってインドに行って、

グルジから教えてもらった「ヨーガ」を皆様にシェアいたしました!!

グルジとは南インドマイソールの地でアシュターンガヨーガを指導するシュリーKパタビジョイス師です。

アシュターンガヨーガは、8支則のことですね。

「アシュターンガヨーガ」という名前もグルジが、異国でヨーガに出会った私たちに向けて、ヨーガの伝統を伝えたくて、つけた名前でしょうね。



インドマイソールで、グルジにナマスカーラムしています


グルジが私に教えてくださったこと。

「イーシュヴァラを思う時間を持ちなさい」
「イーシュヴァラが何かを理解しない」

10分のレクチャーでは、そんなインド話と「イーシュヴァラとは何か?」をざっくりとお話してきました。

残念ながら、10分過ぎてましたけどね"(-""-)"

私が主宰するヨガ教室ギーターヨーガでは、この「イーシュヴァラとは何か?」をじっくり、ゆっくり土曜日に学んでいます。

これもグルジが教えてくださった「バガヴァッドギーターを学びなさい」というお言葉があったからこそスタートしたこと。

時を経て、あの時の言葉を今も胸に学べていることが本当に幸せですね。

10分というレクチャーをきっかけに、また初心を思い出させて頂いたLAVAさんの企画に感謝です♡

最後までありがとうございました~!