自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2017/09/09

なぜヨーガをするのか?


ナマステー♪

千葉市中央区ヨガ教室 
ギーターヨーガ主宰やのちさとです^^

-
「なぜヨーガをするのか?」考えてみてくださいねと、最近のクラスでお伝えしています。アーサナの練習も、瞑想の練習も目的を認識することが重要だからです。

最初はダイエットのために始めたヨーガだったとしても、数年後はその目的ではなくなっていたりします。

目的を認識しながら続けていくと、自分が得たい恩恵をヨーガの道は与えてくれます。
恩恵を得ると、「何故恩恵を受けられるのだろう?」と深く考えはじめたりします。この考えるという行為が人間にとってとても必要なことだと、常々思います。

私自身が深く考えるようになったのは、ギーターをはじめとする教典に出会ってからです。

それまでは、自分の「好き、嫌い」や、「感覚器官(聴覚、触覚、視覚、味覚、嗅覚)が喜ぶこと」を選択していました。

今は、深く考えるようになったので、なるべく調和で傷つけない選択をしたいと願いながら生きるように心掛けています。

深く考えるとは、深刻に考えるとは違います。
他人に対しては、いたってサラッとしています(^^)
自分の心の在り方を注意深く観察していると言った方がいいかもしれません。

ここ最近、私のトリセツプライベートレッスンに参加して下さる方とは、ぐっと近寄って接していることが多いんですね。

普通のレギュラークラスでは「体調不良です。お休みします。」と言われたら「はい、お大事に。またお待ちしてます。」といった感じなのですが、私のトリセツプライベートレッスンで来ている方は、心のあり方含め、日常生活を指導しているので、自宅でのワーク、個人セッションをを休んだりが、そう簡単にできません(笑)

体温も毎日チェックしてもらってるので、熱がなければ実践して頂いています。心の病はヨーガで癒して頂きます。

「さぼりたい癖」「流される癖」「言い訳作り嘘つく癖」などの、いわゆる「心の癖」に気づいてもらっています。
個人の私の考え方としては、「休みたいなら休んだらいいよ」というゆる~い考えがあるタイプではあるのですが、個人の私の考えではなく、指導者として言葉を発します。

「さぼりたい癖」「流される癖」「言い訳作る嘘つく癖」などの「心の癖」は、真の自分の考えとは違うので、繰り返してほしくないんです。

繰り返すと自己受容できないので。

自分を見下げ、自分を信用できないと、人と接するときもビクビクしたり、心配したりetc・・・、心身ともに健全ではなくなってしまいます。

なので、ここらへんは私も心を鬼にしてビシっと言う時もあるし、言わずに見守る時もあったり、その人にとって効果的な方法で指導します。

その人が、よりよく生きてもらえるための最善の方法をいつも考えています、ので家族の様な存在になるんですね。私にとっても、本当に有難いくらいの人生勉強です!

私、20代の時、会社役員をしていたことがあったのですが、あの時もいつも後輩や部下が、
よりよく働けるように考えてました。

あの時とちょっと似てるかも^^

ヨーガを通して、自分の中にあった「理念」や「心の壁」を崩壊すると、本当に自由です。ヨーガを通し、これらが可能です。

だからこそ、なぜヨーガをするのか?ちょっと考えてみて下さい。

「健康を手に入れたい!」「痩せたい!」「運をよくしたい!」もう何でもいいんですよ。それこそ自由に思い描いて。

ヨーガを通し素晴らしい恩恵がありますように。
最後までありがとうございました!

0 件のコメント:

コメントを投稿