自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2018/02/07

ヴェーダーンタの叡智に触れ学ぶプログラム

ナマステー♪
千葉市中央区ヨガ教室 ギーターヨーガ主宰やのちさとです^^








2日間に及ぶ、ヴェーダーンタの叡智に触れ学ぶプログラム「The Value of Values(価値観への価値)」が無事終了致しました~。

今回も皆さま、たくさんのヘルプをありがとうございました。

ミチカ先生の喉の保湿のために重たい加湿器を持ってきて下さった方、

お菓子やフルーツを皆さまに振る舞って下さった方、

クラスが終わってから率先してお掃除して下さった方、

お食事の後片づけをして下さった方、

2日間のお昼は参加者全員がビクシャーして下さいました。

本当に本当にありがとうございました!

今回ミチカ先生はバガヴァッドギーター第13章から「ニャーナ(知識)」と題された価値観を教えて下さいました。

この価値観が、ただのスローガンにならないよう、ミチカ先生は今回とっても大切なことを何度も何度も言葉にされました。

「自分が自分をどう思っているか」

これに関して言うと
私はもう何年も、日常生活において自分と向き合い、自己認識という考察を何度も繰り返し、そして今一番大事にしているテーマでもあります!

この「自分が自分をどう思っているか」がプレッシャーになり、アダルマの後押しをする。。。

日常生活を注意深く見ると、本当にそうなんですよね。

特に、心を許す旦那さんへの八つ当たりをはじめとするアダルマは(笑)、自己認識に問題があるなとしっかり理解しています。

最近はこの自己認識、

まずスタートラインとして
、こういう時、こういう風に感じてしまう心癖がある
ということ
を自分で認識するだけでなく、ニュートラルに周りにも伝えるようにしています。

自己分析ってぶちゃけ面倒ですよね(言っちゃったけど)。。。

面倒というか、見たくない自分の心癖に直面するので、

だから、考えないようにしてヨーガで教える価値観をスローガンのようにして長年続けてきた時期があったのかなとも思います。


そうすれば「変われる」という希望を持っていたんですかね。


が、まずは
この「考える」という行為を大切にします。

全ての行為は、「自分がどう思っているか」という心の反映でしかないから。

人間が他の動植物よりも優れているところは「考える能力を持っている」こと。

この能力を眠らせて、日々考えに楽させて自動的に生きてはいけないですね。

それは「ケチ」(あ、わたしのこと、笑)。

与えられた能力を使わない。

まずは、自分の心癖を含め、ちゃんと自己分析して、今のわたしを自己認識してスタート地点に立ちたいです。

そして、

パートナーシップを大切にする心を育むこと、


与えらている事にいつも感謝できる心を育むこと、


与えらているから
こそ、出来るだけ関わる人に自分が貢献できるようになることを日々祈ること、


そして
日々の生活の中で心が成長する」選択を選ぶこと、

こんなことを日々真剣勝負していきます(結局いつも決意発表です)!


アーサナの練習は私のラジャスやタマスの考えをサットヴァにする大切な準備として続けていきたいし、


プラーナヤーマの練習は、私がイーシュヴァラを思う瞑想のための準備になっているのでこれも日々続けていきたい。

「自分が自分をどう思っているか」が、「本質のわたし」という自己認識になるよう、私の本質をゆっくり、のんびり生涯かけて楽しみながら学び(ヴェーダーンタですね)、府に落としていきたいです!


ミチカ先生は「安心感」をベースに、私の心を鼓舞して下さいました。

本当に感謝しています♡

毎日を大切に生きれるわたしでありますように。

関わる人にいつも感謝できるわたしでありますように。

最後までありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿