自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2018/04/17

本当に信じられるもの

ナマステー♪
千葉市中央区ヨガ教室ギーターヨーガ主宰 やのちさとです

髪が伸びてきました!




千葉に引っ越してきてから、ショートカットが定番ではありましたが、

もともとはずっと超ロングヘアーでした。

やっぱり髪を結べるのが、自分らしい感じがして落ち着きます。

ここ最近「原点に戻る」という心の在り方の重要性と、

そして、グラハスタ・アーシュラマ(家庭人)のど真ん中の学びの中にいる私が、どのように真実についてを学ぶのが最善なのか?

ということにも、真剣に向き合っています。

その大切な気づきをいつも与えて下さるのは、私のチャンティング、サンスクリット語の先生である、Venki先生です。

私はVenki先生から本当に、本当にたくさんのことを学んでいます。

どこまでも、とことん謙虚なVenki先生は、

「ヴェーダーンタの学びに関しては、私が教えることではない」と、

スワミダヤーナンダジの講話本を読みなさいと推奨して下さいます。

今の私にはスワミダヤーナンダジの講話本と、Venki先生からの教え以上に、私を自由に導いてくれるものはありません。

愉しみを与えてもられるもの、気づきを与えてもらえるもの、人との出会いの中での学びは、もちろん日常にたくさんありますけどね♪

Venki先生は、サンスクリット語を教えるという名目でヴィシュヌサハッスラナーマのシャンカラバーシャを教えて下さるのですが、

普通に話す言葉から、それはもうヴェーダーンタの教えがいつもいっぱいに溢れているし、

私は大切なことをいつも学ぶことができます。

Venki先生からシャンカラ先生の解説書を紐解いて頂いたらすぐに、スワミジの解説を英語から日本語に翻訳するのですが、

毎日、感動?

何て言ったらいいのか分からないのですが感極まってしまいます。

そして、そして私にこの学びを一番最初に伝えて下さったチェータナーナンダスワミジに深い感謝の気持ちが驚くほど溢れます。

溢れすぎて泣いてしまうことも多々あります。

この2年くらい、「ギーターをとにかく、早く全部聞きたい!!」と、何だかお勉強モードで学ぼうとしていた感が否めない私だったのですが、

Venki先生から、シャンカラバーシャを教えて頂き、

スワミジの解説を聞く(私の中では翻訳している時もスワミジが私に話してくれています)、

を繰り返しているうちに、「ギーターをとにかく、早く全部聞きたい!!」モードが消滅しました。

そして、英語に関しても、コンプレックスがあり、とても消極的だった私が毎日英語を翻訳するという奇跡的な行為にも及び、

人の本気度って、

本当に信じられるものに出会えるって、

こんなに人を変えるんだと思って驚いています。

正しく学べる場所、インドにはわたし達日本人でも学ぶことができる、ヴェーダーンタの3年半のコースもあったりします。

でも、それが例え、正しいと言われている学び方だとしても、私の中で何も起こらなければ、私が神を思えなければ何の意味もないと思います。

私がいつも神を思えること、

誰かを批判するような物の見方や、

偏った物の見方が変化していくことが大切なんだと思っています。

だから、

学び方が正しい、間違っているではなく、

グラハスタ・アーシュラマの学びのど真ん中にいる私が、今一番納得できる学び方がいいと思っています。

一生懸命になれることが最高に幸せ!!

それがインドからインターネット通話だったり、

スワミジの本から学ぶという方法であったとしても、

私は伝統的な学びの中心にいます。

ずっと変わらず、伝わってきているヴェーダーンタの学びの中心です。


0 件のコメント:

コメントを投稿